家族葬

ご臨終から葬儀社への連絡まで

もし家族葬を望んでいるのであれば、故人がご臨終された時にはすぐに手配をする必要があります。 家族葬をする場合の手順及び流れについてご紹介しましょう。 病気の場合、主治医から故人が危篤状態であるという連絡が入ることでしょう。 連絡が入ったら、故人と近い関係にある人、最後に会わせたい人に連絡を取りますが、それが深夜になってしまうこともありますよね。 そういった場合でも基本的には連絡をすることになりますが、断りの一言として「夜遅くて誠に申し訳ございませんが・・・」ということを伝えましょう。 ご臨終を迎える時には誰しも大きなショックを受けることになるかと思いますが、悲しみに浸っているだけでなく、家族葬の手配をする必要もあります。 病院で亡くなったときには、エンジェルケアという、看護婦さんが故人の身体をきれいに拭き、着替えさせてくれるということを行います。 エンジェルケアをしている間に気持ちを落ち着かせるようにし、忘れずに病院から死亡診断書を受け取るようにしましょうね。 病院の場合、長時間遺体を置いておくことができません。 ですから、すぐに寝台車を手配し、遺体を搬送する必要がありますが、寝台は葬儀社に連絡して手配する必要があります。 連絡をする時には、病院名、住所、亡くなった人の氏名や搬送先などを葬儀社に伝える必要がありますので、準備しておきましょう。 また、葬儀社に安置するのに必要な段取り、布団などを用意してもらうように伝えます。 枕経をお願いする場合には菩提寺に連絡を取らなければなりませんが、無い場合には葬儀社に紹介してもらうという方法もありますよ。