家族葬

一般葬との形式的な違いについて

一般葬と家族葬には異なる点が多々あり、家族葬のメリットとしては、ゆっくり故人とのお別れをすることができるということが言えます。 一般的な葬儀の場合には、義理で参列するということもあり、参列者も多いため、慌ただしく故人とお別れしなければならないことも少なくありません。 家族葬の場合は、家族、親族、そして親しい友人など、限られた人のみで行いますので、少人数でゆっくり思い出に浸ることができるでしょう。 一般的な葬儀の場合は参列者が多くなることから、掛かる費用も高額になりますし、派手に行うこともあるでしょう。 しかし、家族葬の場合には、葬儀費を抑えつつ、シンプルに葬儀を行うことができ、家族が主体となって、段取りを組んだり内容を決めることができます。 また、手配、準備をするために町内会、会社関係に声を掛ける必要もありませんし、その他にも形式的な違いがあります。 葬儀式場の前には、名木という看板が立っていますよね。 「故○○の葬儀 告別式 会場」といった形で書かれているのが一般的ですが、家族葬の場合には名木は立てません。 また、家族葬の場合には家族、親族、親しい友人といった限られた人のみが参列するため、香典を辞退するのが一般的です。 通夜供養、葬儀供養といったこともないのが一般的で、会葬者が身内に限定される場合は会葬礼状が無いことも珍しくないのです。 出棺する場合は白い寝台車を利用することも多いのですが、これは黒い霊柩車が目立ってしまうためです。 家族葬の場合には一般葬と異なり、会場設営で指さし看板を出さず、忌紙も貼らないということは少なくありません。 お棺は祭壇に置くというのが一般的ですが、家族葬の場合には棺は縦向きに置き、椅子でその周りを囲むというのが一般的なのです。