家族葬

家族葬のさまざまなスタイル

家族葬というと小規模で行うというイメージが強いかもしれませんが、中には葬儀以上に盛大に行う場合もあります。 しかし、どういった形の家族葬であっても、家族や親族など、身近な存在の人が集まるものであり、その人数は10人から多くても40人ほどで行われることになります。 その為、人数としては一般的な葬儀に比べると少ないというのが特徴ですね。 葬儀は宗教者を呼ぶというのが家族葬のイメージかもしれませんが、一般的に家族葬を行う場合は無宗教です。 つまり、葬儀の形としては、会場に対して縦向きにお棺を置き、そのお棺を囲む形で椅子を並べます。 一般的な葬儀にしか参加したことが無い場合は不思議に思うかもしれませんが、こういった形を選択する方は増えているのです。 最近はお別れ会をするという形も増えてきていますが、これは料理、お茶、故人が好んでいた飲み物、ケーキなどを用意し、故人とお別れをするというものになります。 葬儀を行うのは家族、親族のみということになります。 しかし、葬儀とは別にお別れ会としてレストラン、ホテルなどを利用することもあり、そういった会場を利用するのであれば、線香を使用しても大丈夫か、遺体の搬入は可能かといったことを確認する必要もあります。 また、儀式は一切せずに火葬だけを行うという形も増えていますが、火葬のみの場合には宗教者や僧侶、そして牧師といった人は呼ばないということになります。 斎場の霊安室に遺体を安置するか、自宅に連れて帰り、その後で遺体を火葬場に搬送をし、故人とお別れをするということになります。 法律では亡くなってから24時間経過してからでないと火葬してはならないと定められているため、その時間は故人とのお別れをゆっくり行うことができますね。