家族葬

故人と家族が主体の葬儀

一般的な葬儀に比べると家族葬は小規模なものですが、一般的な葬儀との違いは規模の大きさだけでは無いのです。 規模が小さくなるということは、発生する費用も抑えることにもなりますが、その他にもメリットは多々あります。 葬儀会社が主体となって行うのが一般的な葬儀ですが、葬儀会社が淡々と進めていくため、初めてのことでこれで良いのかと悩むこともあるでしょう。 多額の費用を支払っているのにそれで良いのかと疑問に思う方も少ないようですが、家族葬の場合は主体が故人及びその家族ということになります。 小規模ですので非常にシンプルなものにはなりますが、お金を掛けなくても温かく故人とお別れをすることができるでしょう。 一般的な葬儀の場合、あまり親しく無い人でも義理で参列するということも少なくありませんが、家族葬の場合には家族、親族、そして特に親しかった知人に限定されます。 町内会、会社関係の人に気を遣う必要もありませんし、参列者も少ないため、ゆっくりと故人とお別れをすることができます。 一般的な葬儀というのは準備、手配などに手間が掛かり、疲れてしまうこともあるでしょうが、家族葬の場合にはそういった手間も最低限で済みます。 その分故人とのお別れをする時間に使うことができ、参列者が多いとその分挨拶をするだけでも大変になってしまうでしょう。 お通夜、告別式、火葬、そして拾骨が気付いたら終わっているということにもなりかねませんので、もっとゆっくり故人とお別れしたかったという方もいるようです。 家族葬の場合には慌ただしく過ぎるということも無いのがメリットでしょう。