家族葬

家族葬の流れや費用

最近は一般的な葬儀だけでなく、家族葬、直葬、通夜葬、密葬、民生葬、そして自然葬など、様々なスタイルが出てきています。 これは時代を重ねるにつれて、いろんなスタイルが生まれてきたのでしょうね。 新しい葬儀の形として一番人気があるのが家族葬ですが、これは家族が葬儀の内容を決めていくというものであり、家族が納棺、出棺などを行うことが多いようです。 家族、親族、そして特に親しくしていた友人など、限られた人が集まって少人数で行うという特徴があります。 小規模で行うことにより、式場の場所についても一般的な葬儀に比べるとあまり悩む事もないでしょうし、宗教葬、無宗教葬などにこだわる必要もありません。 一般的な葬儀の場合、香典は必ずと言って良いほど必要なものですが、家族葬の場合には必要ありません。 受け取らないということが一般的ですが、もし貰ったとしたらかたくなに断らず、その時によって対応するようにしましょうね。 費用が気になるという方も多いでしょうが、相場は40万円程度だと言われていますが、これはお布施や式場費といった聖職者費、火葬費、お清めや精進落としなどに掛かる食事費は含まれていませんので注意しましょう。 式場費についてですが、民間の場合には10万円〜25万円ほどであり、聖職者費についてはどの宗派であるかによっても違ってきます。 相場は17万円〜30万円程であり、食事費についてはお清めが1人2,000円以上、精進落としが1人3,000円以上と考えておきましょう。 火葬費については、公営の場合で無料から2万円、そして民間の場合ですと5万円ほどになりますので、そういったことも含めて選んでくださいね。