家族葬

家族葬のメリットとデメリット

家族葬は新しい葬儀の方法として人気を高めていますが、メリット、デメリットがありますので、きちんと把握した上で選択する必要があるでしょう。 家族葬のメリットは、少人数で行うため、故人と静かにお別れをすることができます。 家族、親戚、そして特に親しくしていた友人などの限られた人が集まり、故人とお別れをするのです。 身近な人が集まるからこそ、故人に関する様々な話ができ、お互いの気持ちや思い出を共有することができますよね。 会葬者に対する挨拶も一般的な葬儀に比べると少ないため、出費も少なくて済みます。 一般的な葬儀をするのであれば、規模が小さくても仏式の場合で100万円以上は掛かるでしょう。 また、列席者が多ければ多いほど挨拶をする必要も出てきますので、終わった後に疲労を感じる方も多いでしょう。 家族葬のデメリットとしては、家族葬を行うということを親戚に理解してもらうことが困難な場合があるということが言えます。 まだそこまで広まっているスタイルではありませんし、初めて家族葬に参列する場合は寂しく感じることもあるかもしれませんね。 家族葬のメリットやどうして家族葬にしようと思ったのかなど、きちんと説明して理解を得た上で行うようにした方が良いでしょう。