家族葬

一般的な葬儀と家族葬の違い

葬儀の方法はいくつかありますが、最近は家族葬を選ぶ方が増えているのです。 一般的な葬儀と家族葬の違いはなにかというと、家族葬はその名前の通り、故人を良く知る人が集まるものであるということです。 葬儀というと、その故人と職場、地域関係の人たちとのお別れをする場であると言えます。 また、家の代替わりを象徴するというものでもあり、昔から存在していたものですよね。 一般的な葬儀には、家族、親戚はもちろんですが、職場の人たち、学友、そして地域の人や最近会っていなかった人でも参列することが多いのです。 その為、規模も大きくなるというのが一般的ですが、家族葬の場合には、故人と親しかった人がお別れをする場なのです。 家族葬に参列するのは、家族、親戚、特に親しい友人ということになるでしょうから、自然と規模は小さくなるのです。 当然ですが、規模が小さくなることにより、掛かる費用は少なくなりますので、そういった理由から家族葬を選ぶことも少なくありません。 通常ですとお通夜がありますよね。 家族葬であれば、参列した人が全員葬儀式場内に着席し、全員でお清めどころに移動することになります。 それに比べて一般的な葬儀の場合、焼香を終えた会葬者が徐々にお清めどころに入っていくことになりますので、落ち着かないということもあるでしょう。 そういったことからも、家族葬を行う方が増えているのでしょうね。