家族葬

家族の手で故人を送る葬儀

一般的な葬儀は、故人に関係している様々な人が参列するものですよね。 家族、親族、学生時代の友人、先輩や後輩、職場関係の人々、近所の人まで集まることになりますので、非常に大変なものだというイメージが強いのではないでしょうか。 そんな中、家族、親族、そして特に親しかった友人などが集まって行う家族葬を選択する人が増えていると言われています。 少人数で行うことになりますが、家族葬にはメリットが多々あるのです。 家族が主体となって故人とお別れをするというのが家族葬になりますが、一般的な葬儀の場合、主体となるのは葬儀社ですよね。 そうすると、マニュアル通りに進めていくだけですから、気づいたら全部済んでいて、ゆっくり故人とお別れできなかったということもあるでしょう。 家族葬の場合、小規模になることから葬儀費用が少なくて済みますし、ゆっくりと親しかった人のみで送りだすことができます。 中には子どもが小さく、じっとしていられないという場合もあるかと思いますが、 家族葬の場合にはあまり迷惑になることもないでしょう。 生前に故人が家族葬を希望しているということもあるかと思います。 そういった場合は、予め家族葬を行いたいという希望を葬儀社に伝えておくと良いですね。 それによって、流れ、予算などを事前に打ち合わせしておくことができるため、いざという時にはスムーズに進むことでしょう。 葬儀社によって良心的なところとそうでないところがあるでしょうから、対応力を見ることも大切です。 故人を送りだす為のセレモニーが葬儀ですが、お金を掛けて派手に行うのが一番良いというわけではありませんよね。 予算が少なかったり、規模が小さかったとしても、家族が主体となってきちんと行えば、故人も喜ぶような良い葬儀になるのではないでしょうか。 きっと家族、親族、知人の故人を思う気持ちは伝わることでしょう。 そういったことを基準に、どういった葬儀を行うかを選択しましょう。