家族葬

家族葬でよくあるトラブル例

万が一という時には家族葬を行うと既に決めている方も多いでしょう。 しかし、その万が一ということが起こった時には頭が真っ白になって何も考えられないということも少なくありません。 なかなか自分では判断が出来ない事もあるでしょうから、そうなる前に家族葬をするにあたっての準備をした方が良いでしょう。 また、準備をしていたとしても、その時になってトラブルが起こるということもあり、亡くなった後に病院が葬儀社の手配を勝手に行うといったトラブルもあります。 故人が病院から自宅に帰ると考えていた場合でも、葬儀会館にそのまま搬送されてしまうこともあるようですが、そういったことを避けるために故人の遺言で家族葬を行うという事、そして自宅に戻るという事などをきちんと葬儀会館に伝えることが大切です。 良心的な葬儀社の場合にはそういったことを伝えても快く受け入れてくれるでしょう。 請求される金額としては、病院から掛かる寝台車の費用、そして遺体を安置するための布団代だけで済むかと思います。 身内が亡くなるという事は精神的なダメージが大きいでしょうが、家族葬を行うためにはそれなりに精神力が必要となります。 しかし、途中で諦めたり妥協をするということが無いように、こうしたいという自分の意思は貫き通したいものですね。 ハプニング、トラブルが起こるという可能性は全くないわけではありませんので、そういったことがあると余計に大変なこともあるでしょう。 家族が主体となって行う葬儀が家族葬ですが、予め準備をしておくことによってトラブルが起きたとしても迅速に対応できるのではないでしょうか。