家族葬

家族葬を行った後の手続き

葬儀を終えた後には様々な手続きを行わなくてはなりませんが、実際に大切な人の死を目の前にすると何をすれば良いのか分からなくなってしまうこともあるでしょう。 家族葬を行う方も増えていますが、その後に必要となる手続きについてご紹介しましょう。 生命保険の受け取り手続きや国民年金(遺族基礎や寡婦、死亡一時金)を受け取る為の裁定請求といったことも必要になりますし、労災による死亡の遺族補償年金一時金を受け取る手続きも忘れないようにしましょう。 雇用保険の資格喪失届、そして故人が自営業で働いている場合や会社で働いている場合に故人の所得税の確定申告をする必要もあります。 納骨する際の埋葬許可書(火葬許可書)や遺産分割協議書を作成もしなければなりません。 扶養控除異動申告、所有権移転登記及び登録、非課税貯蓄の死亡申告、相続税の申告、そして借地や借家の契約も行いましょう。 埋葬料、若しくは葬祭費を受け取るための手続き、医療費控除による税金の還付手続きも行ってくださいね。 このように、様々な手続きが必要となるため、いざという時のためにリストアップしておきたいものです。 株式や社債、国債、会員権を持っている場合には名義変更を行ったり、貸付金や借入金がある場合は権利の移転、債務継承通知手続きといったことも忘れないようにしましょう。 銀行預金や郵便貯金を引き出したり、相続の手続きもありますし、自動車税の納税義務消滅の申告を行う、NHKや電気、ガス、水道といった項目の銀行引き落し口座変更といったことも必要です。 本人名義のものがある場合には、すぐに手続きをする必要がありますし、運転免許証や各種免許証、身分証明書やバッジ、無料バス証といったものを返却しなければなりません。 電話加入権を継承する手続き、クレジットカードの失効手続き、そして特許や商号、商標意匠権等を相続するための手続きも行いましょう。