家族葬

信託銀行の遺言信託とは

遺言信託というものもあり、遺言を信託銀行が預かり執行を代わりに行うという形が増えています。 小規模の家族葬を選択する場合であっても、今後は遺言信託を選択するという方が増えてくるのではないでしょうか。 相続問題が起こる可能性というのは少なくありませんので、そういった問題を避けるためにも遺言信託を選ぶ方が増えています。 特に、子どもがいない場合に相続先に悩んでいるという場合、そして結婚していない未婚の方が遺言信託を利用することが多いのです。 通常、遺言というのは公正証書遺言で無ければ、相続するときに家庭裁判所で検認しなければなりません。 公正証書遺言作成を一緒に行い保管するというのが遺言信託のスタイルです。 保管まできちんと行われるため、盗難にあったり紛失するということがありませんよね。 そう考えると、誰かに預けたり自宅で保管するよりも安心できるでしょう。 遺言信託の場合には、本人が死んだ後に家庭裁判所での検認も必要無いというのもメリットでしょう。 また、信託銀行が遺言に基づき、遺産配分する為の遺言執行まできちんと行ってくれます。 遺言信託は信託銀行で取り扱われておりますが、それぞれの銀行によってサービスの内容が異なります。 たとえば、大学、公益法人といった遺贈先の紹介によって提携していることもあれば、セミナーを開催していることもあるようです。 プランによっては、遺言執行手数料や遺言信託の手数料が優遇されるということもあるようです。 家族葬を行う為に打ち合わせをすることもあるかと思いますが、それと同時に遺言信託についても考えてみるという方法もありますね。