家族葬

自筆証書遺言と秘密証書遺言

家族が家族葬を希望していたとしても、故人が何かしらの遺言を残しているのであれば、その遺言通りにした方が良いでしょう。 生前に遺産相続に関する意思表示をしている場合には、その意思を尊重する必要があり、遺言があることによって迅速に相続が出来ないという可能性もあります。 遺産に関する相続問題が発生することも少なくありませんので、そうなると家族や親族関係も悪化するかもしれませんよね。 法律的に認められているのが遺言ですから、非常に大きな力を持っていますが、遺言を有効にする手続きが必要となります。 そうでないとせっかく残した遺言も意味を成さないという可能性もあるのです。 一言で遺言といっても3種類あり、一つ目が本文全てを自筆で書くという自筆証書遺言になります。 指名及び日付を記載し捺印するというものであり、本人が死んだ後は家庭裁判所にて検認手続きをしなければなりません。 2名以上の証人が立ち会って遺言の内容を話し、公証人がその内容を筆記するといった形の遺言があります。 この場合は、本人が公証人役場に足を運ぶ必要があります。 最後に、本人が公証人役場に足を運び、遺言として残したい内容を証書に記し、署名及び捺印をするという秘密証書遺言といったものもあります。 証書に封をした後、証書で使用した印鑑で封印するという必要があり、公証人1名、そして証人2名以上の前で提出しなければなりません。 その時には、自分の遺言であること、そして自分の氏名及び住所を伝え、封紙に公証人が日付と共に記録をして本人と証人は一緒に署名及び捺印します。 この場合も本人が死んだ後には家庭裁判所にて検認手続きをしなければなりません。