家族葬

葬儀社との打ち合わせ事項

家族葬を行う場合には、一般的な葬儀と同様に、事前に葬儀社と打ち合わせをしておいた方が良いでしょう。 事前に準備をしておくことにより、万が一のことがあった場合に慌てる事無く、スムーズに事を運ぶことができるでしょうね。 菩提寺が無いのであれば、葬儀社に紹介してもらうということもできますので、事前に葬儀社には菩提寺がないということを伝えておきましょう。 そして、葬儀社に故人の遺影に使用する写真や死亡届、そして手続きをする際に必要となるはんこなどを預けることになりますが、はんこは三文判の方が良いですね。 銀行印はなるべく使わないようにしましょう。 喪服が無いのであれば、葬儀社にレンタルの手配をしてもらうこともできますので、男性の場合には身長、体重、ズボンの股下やウエスト、スーツの肩幅を伝えましょう。 そして女性の場合には、号数、身長、ウエスト、そしてバストを伝えましょう。 通夜及び葬儀の参列者がどの程度になるのかという連絡をする必要もありますし、打ち合わせ事項として、通夜や葬儀の日時及び場所の確認は欠かせません。 火葬場はどこを利用するか、焼香順位及び名前のふりがなをつける、そして弔辞の有無、もし弔辞が有る場合には誰になるのかといったことも必要になります。 そして、弔電数、読み上げ順に名前のふりがなをつける、通夜及び葬儀の立札、座礼の数、そして名前も伝えておきましょう。 また、出棺時に位牌や写真を持つ人、出棺する際の花束を置く人やお棺のお手添えの人といったことも打ち合わせをする際に確認しておきましょう。 それ以外にも、霊柩車の車種やタクシー、マイクロバス、そして自家用車が必要かどうか、初七日の法要が必要か否か、葬儀を終えた後に記念写真撮影をするか否か、そして料理の数といったことも確認しなければなりません。 こういった打ち合わせ事項があるということを知っておいて損は無いでしょう。