家族葬

菩提寺との打ち合わせ事項

死というのはいつ訪れるか分かりませんので、覚悟していたとしても、大切な人の死を目の前にすると、何も考えられなくなることでしょう。 しかし、家族葬を行う場合は特に、すぐにやらなければならないことも多々ありますので、何も考えないで過ごす訳にもいきません。 そのためにも、死を目の前にする以前に、葬儀に関する打ち合わせをしておくことをおすすめします。 菩提寺があるのであれば、事前に打ち合わせしておいた方が良いでしょう。 打ち合わせをするにあたっての必要事項をご紹介しますので、頭に入れた上で打ち合わせに臨みましょう。 故人が亡くなった場合、お寺に通夜及び葬儀の日時を伝えます。 そして、寺の都合はどうかということを尋ねるのですが、すぐに連絡できるように、いつでも寺の電話番号を持ち歩くようにしましょう。 そして、寺に枕経をお願いする場合、打ち合わせを行う必要があります。 寺に対する連絡事項は、通夜と葬儀の日時及び式場、初七日法要があるか否か、初七日法要をする場合は日時及び式場を伝え、戒名をつけるか否かも伝えます。 火葬場に同行してもらうということもあるかと思いますが、その時の移動手段をどうするかということも確認しましょう。 タクシーを手配する必要が出てくるかもしれませんよね。 弔電がある場合はその数、そして参列親族の人数も予め伝えておくと良いですね。 こういったことを事前に把握しておくだけで、いざという時には家族葬をスムーズに執り行うことができるでしょう。