家族葬

家族葬にかかるおおよその予算

家族葬を選ぶ方が増えている理由として、一般の葬儀に比べて家族葬の方が掛かる費用が少なくて済むというのは大きいようです。 一般の葬儀に比べて安いと言っても、どの程度費用が掛かるものなのでしょうか。 事前に予算を組めた方が良いでしょうから、必要な費用について取り上げてみましょう。 家族葬をするのに必要な予算として、葬儀費用やお料理費用、そして宗教者へのお礼であるお布施といった3つが挙げられます。 葬儀費用が安かったとしても、宗教者に対するお布施が高くついてしまうという可能性もあります。 そういった全ての費用を含めて把握しておくことが大切ですね。 葬儀費用にはどういったものがあるかというと、寝台車によるお迎え及び搬送、枕飾り、ドライアイスの処置費用、そして葬儀をする時に必要な棺や骨箱、線香、ろうそく、祭壇、供花といったものがあります。 また、通夜や葬儀の時の返礼品やお茶、スタッフの人件費、霊柩車、式場使用料、そして火葬料などが挙げられます。 このように、葬儀費用と一言でいっても、様々なことに対して費用が発生するのですね。 また、料理ですが、通夜ぶるまいという通夜の後に出す料理があります。 これは弔問してくれた人に対して料理を出すというものになります。 費用については、料理の内容、そして地域や依頼する業者によって異なります。 ですから、頼もうと思っているところに対して事前に見積もりを出してもらうと良いですね。 精進揚げの料理の場合には、相場は1人当たり4,000円程になりますので、頭に入れておくと良いですね。 宗教者へのお布施というのは、宗派によっても異なります。 しかし、通夜と葬儀の読経を行う場合、相場では15万から20万円程だと言われており、それ以外にもお車代やお膳料、枕経、戒名、初七日法要などの費用も発生しますので、覚えておきましょう。