家族葬

最近増えている「直葬」とは

昔は特に盛大に行われたのが葬儀ですよね。 その為、掛かっていた費用も大きかったと言えますが、最近増えているのが家族葬などの小規模で行うものです。 家族、親戚、そして特に親しかった友人などに限定して行う葬儀になります。 また、家族葬だけでなく「直葬(ちょくそう・じきそう)」という、火葬のみのものもあるのです。 身内だけで火葬のみをするというのが直葬であり、宗教儀式は行わないというものです。 病院から故人の遺体を自宅や遺体保管所に搬送し、役所手続き、納棺などを行い、死後24時間以降に火葬及び拾骨をします。 葬儀としてはこれで完了になるため、家族葬よりも簡単なものだと言えます。 棺や遺影、骨壷、位牌、そして納棺花・出棺花などが直葬に必要なものであり、もし故人を自宅に帰すのであれば、枕飾りを用意するようにしましょう。 そうすることにより、家族、親戚などが線香をあげる、御坊さんを呼び、読経や戒名をお願いするという方法もあります。 なぜ直葬を選ぶ人が増えているのかというと、なるべく掛かる費用を減らしたいという経済的な理由、宗教観に対する変化や人間関係が希薄してきたことなどがあるようです。 直葬の場合には、火葬する費用も含めて20万円以内で行うことができますが、小規模な仏式の葬儀を行った場合、100万円以上は掛かってしまいます。 そういったことから、直葬を行う人が増えているのですね。