家族葬

家族葬における周囲への根回し

家族葬にするとなると、まず頭を悩ませるのが、参列者をどう選ぶかです。 一般葬の場合には、故人とのあらゆる繋がりのあった人が来るものと連想しますが、家族葬は、せいぜい50人が限界の人数ですから、 会葬したくても出来ない人も出てくるでしょう、そういった人たちの気持ちを無駄にしない為にも、こうした気持ちへの配慮が必要です。 家族葬に至った経緯の説明など、極力不満に感じないように、配慮することが、故人の為でもあります。 10人位の規模だと、本当の家族しかいませんから気が楽なところもあります。 かつ、知人、友人層はいませんから、ある種公平な参加になるかも知れませんね。 やや困ってくるのは、最も多い30人位からの家族葬です。 この規模になると、来れる人が限られており、来れない人も出てくるというややこしい事になります。 参列者の選出基準は、故人と付き合いがどの程度あったか、になるでしょう。 参列した方々には、必ず家族葬である事を伝え、来れなかった方にも、後日、家族葬で葬儀を終えた事を必ず連絡しなければいけません。 他にも、家族葬は人数に関わらず、近所や町内会までは呼ばないのが普通ですから、亡くなった事は伝えても、家族葬である事を必ず伝え、参列出来ない旨を伝える必要賀あります。 また、会社の上司や同僚にも、しっかりと家族葬である事を説明して、参列すべきかどうか相手が悩まなくていいようにしましょう。 個の際には、香典をどうするかまで、はっきりと伝えて上げた方が親切と言えるでしょう。 葬儀の場で混乱が起きる様な事だけは、あってはなりませんから。