家族葬

家族葬での参列者の範囲

家族葬は、一般葬と違って、親族や身内だけで行う儀式ですので、その他の参加者がいないように思いがちですが、実際には、他の会葬者がいることも珍しくありません。 家族葬と言っても、故人にごく近い存在であった知人、友人は、会葬されることが多いのです。 しかしながら、家族葬で行われる場合には、故人と家族の最後のお別れが優先になりますので、その他の会葬者に関しては、ごく限られた範囲の人たちしか来ない様に成ります。 これにより、葬儀に来ようと思っても来れない人も出てくる訳で、こういった人たちの気持ちに不満を持たせない為にも、あらかじめ家族葬である経緯を説明したり、ある程度の 根回しの様な配慮が必要となります。 家族葬への参加範囲は、全体の人数によって決まるようです。 例えば10人位の場合には、純粋に家族のみです。本当に身内という範囲の葬儀ですから、緊張感が無く、温かな葬儀になりそうですね。 30人位になると、親族や深い知人、友人が会葬します。一般に言う家族葬は、この位の規模が多いものと思います。 逆に、家族葬の上限と言える人数は4〜50人位で、この人数になると、親しい友人や知人まで含めての話になりますので、少し広い範囲になります。