家族葬

葬儀費用の節約方法

家族葬を選ぶ人の最も多い選定理由は、やはり経済的な面が主の様です。 ですので、家族葬を選んでいる人の多くが、可能な限り費用を抑えたいと思っていると思います。 それでは、どんな方法で節約は出来るのでしょうか。 最近では、個人の費用節約の努力というよりも、市立斎場に、葬儀式場が併設されている事が多い様です。 この様式ですと、当然移動の手間が省けて効率的なだけでなく、バスや霊柩車は必要ありませんので、 費用を10万円程削減出来るようになります。 最近では、合理化が進んでおり、地域の公民館などを使用出来る地域もあるようですから、御自分のお住まいの地域に聞いてみましょう。 もしも公民館などを使用出来れば、民間の施設を使用するよりも、格段に安く済む事になります。 しかし、市立斎場は安く抑えられますが、デメリットもそれなりにあります。 それは、夜間に亡くなった場合になどに、夜間のご遺体の搬送は出来ない事です。 こうなると、真夜中に亡くなった場合には、朝までどうするか考えておかなくてはなりません。 例えば、病院の霊安室に朝まで安置するのか、御自宅に一度お帰りになるか、等です。 病院の霊安室に、というパターンは多いかもしれませんが、その場合には、病院にそういった対応が可能か、あらかじめ確認しておく必要もあるでしょう。 霊柩車を使用するにしても、車種を選択できますから、安い方にしたり、寝台車を使用する事も最近では珍しくなくなってきていますので、費用の削減を考えてみましょう。 また、家族葬にすると、葬儀屋さんのスタッフもそれだけ少なくて済むはずですから、人件費を削減出来て、やすく出来るでしょう。 人件費については、葬儀屋さんに確認してみましょう。