家族葬

お骨上げと初七日法要で締めくくり

家族葬にしても、一般葬にしても、葬儀の準備から、葬儀、出棺、火葬までの流れはほぼ同じです。 この後、最後にお骨上げと初七日法要で、一連の葬儀の流れは一段落となります。 お骨上げは、焼いた骨を拾い上げる作業になりますが、このお骨上げまでの時間の過ごし方は、斎場や地域によって違う事もありますが、 基本的には喪主の考え方になりますので、業者と打ち合わせ、まとめておきましょう。例えば、待機時間となったり、精進料理を振る舞ったりと言う事になります。 待機にしても会食にしても、給骨の時間になると、斎場の係員が案内に来ますので、指示に従って給骨に行きます。 お骨上げが済むと、埋骨許可証をもらって返ることになります。 最近は、葬儀の流れも段々と合理化されているところもあり、初七日の法要までを葬儀の時に一気に済ませてしまうケースも増えています。 初七日の法要の場合には、法要の会場に入場する前で、塩で身のお清めを行います。 あとは同じように、お坊さんにお経を読んでもらい、喪主から焼香へと移ります。 このような流れが一般的ですが、特に家族葬は、身内で進行するものなので、喪主や、その近い人に関しては、ある程度の進行知識があった方が良いでしょう。 基礎知識をしっかりと持つ事で、業者に言われるまま出費を増やす事も防げます。 大変な時ですが、実際には費用の問題も大事なことなので、しっかりと内容を把握した上で、取りし切りたいものです。