家族葬

家族で送る出棺から火葬まで

家族葬は、大半を家族や親類の身内でカバーして葬儀を行うものです。とは言え、業者にお願いするところもあると思いますから、 その部分については特に、よく内容を確認して、不備が無いように準備することが大切です。 葬儀が終わって出棺となると、次は火葬場への移動となります。 この時に、故人の写真と、骨箱、位牌を式場から持って火葬場へ移動する事になります。 この火葬場への移動する人は、一般的に故人よりも年上の方は行かないことが多いものですが、人数が少ない等、都合によって例外的に行く事もあるようです。 火葬場への移動の際には、霊柩車を遣いますが、この霊柩車も考え方や好みで、黒塗りの車では目立つ為、白い霊柩車を使用できるところも増えています。 この点も大事なところだと思いますので、あらかじめよく業者と相談しておきましょう。 火葬場へ着くと、業者が火葬許可証を提出し、お棺を霊柩車から炉前に運びます。 この後、お坊さんがお経を読み、この間に、喪主から順に焼香をします。 斎場によっては、このお経をよむことは出来ないところもある様ですので、確認が必要です。 また、焼香の代わりに、故人の顔を見る拝顔を行うところもあるようです。 地域によって異なる事もあるようです。 これらのことが済んだら、最後にお坊さんが合掌し、炉にお棺を納め、火葬までの流れとなります。