家族葬

家族葬での葬儀の流れ

家族葬では、まず供花、供物を用意し、並べる順番にしたがって、通夜と同じように並べたりして準備します。 次に、香典の受取をどうするかなどの詳細を決めてから、役割分担を考え、本人にも意向を充分に伝えておきます。 お坊さんが到着したら、式場内に入り、時間がまだあるようであれば、お茶などを出します。 時間になり、会式の辞を読み、お坊さんがお経を読み始めたら、式の開始です。 通夜とは違い、弔電や弔辞がある場合には、お経を読む間に紹介される事が多いでしょう。 この紹介が終わると、再度お経に戻ります。 焼香は、通夜よりは形式ばり、喪主から順に、団体単位で、代表の氏名が呼ばれ、順に焼香をします。 お経と焼香が終わり、お坊さんのお経が終わると、導師退場となり、最後に喪主がお礼のあいさつをする事になります。 これをもち、個人と最後のお別れをし、納棺後、出棺し、火葬場の方へ移動され、葬儀としては終了となります。 以上が一般的な家族葬の流れですが、地域やその風習、慣例によって違う事も多いので、よく確認してから、細部を調整しましょう。