家族葬

家族葬における通夜の流れ

家族葬、一般葬に関わらず、通夜は必ずありますので、しっかりと打ち合わせや手配をし、不備ない様にしましょう。 通夜の準備としては、供花や供物の内容や並べ方などを打ち合わせます。 まず考える必要があるのは、役割分担でしょう。受付や、お茶を出す掛かりなどが必要です。 また、香典を受け取るのかどうかなども検討の必要があり、その意思を疎通させておく必要があります。 一般的に、家族葬の方が、外部の人の会葬は少ないと思いますが、例え1人でも外部の方が来られた時の為に、と訓役割分担と、 香典の扱いについてはよく家族の考え方を共有しておきましょう。 当日、お坊さんが到着したら、着替えてもらい、お茶などを出しましょう。 いざ葬儀が始まると、導師入場から、会式の辞が読まれ、その後、お坊さんの読経へと続きます。 このお経が数分した位で、焼香の作業に入ります。焼香では、特に名前を呼ぶなどはありませんが、順次、席順に焼香に向かうのが一般的でしょう。 少しすると、お経と焼香が終わり、導師が退場となり、閉式の辞で終わりです。 一番最後に、喪主が、弔問者に対して挨拶をして終わりです。 家族葬と言えど、弔問者に挨拶をするのは礼儀ですので、しっかりとお礼の言葉を述べるようにしましょう。 これが、おおよその家族葬における通夜の流れです。