家族葬

家族葬で遺体を安置する方法

遺体を安置する方法についても、家族葬の場合には把握しておく必要があります。 一般的な葬儀の場合、遺体の安置については葬儀社が行うというのが普通です。 しかし、家族葬の場合には家族が行うというのが一般的になりますので、注意しましょう。 まず、布団に遺体を寝かせたら、遺体の顔に白い布を掛け、葬儀社にドライアイスの処置を依頼します。 「枕飾り」はご飯を山盛りにして一膳の箸を真っすぐ刺し、お供えをするというものになりますが、この飾り付けも必要になりますが、これについても通常ですと葬儀社が行ってくれますので、特に気にする必要は無いでしょう。 家族がご飯とお水を準備することになりますので、忘れないようにしましょう。 故人が亡くなった場合、菩提寺になるべく早く来てもらい、読経してもらうというのが枕経ですが、菩提寺が無い場合は葬儀社から紹介してもらうという方法もあります。 これは、「あなたは、この世の人ではなくなり、亡くなられたのですよ。そして、旅立った浄土は、とても素晴らしいところで、死を恐れなくてもいいのですよ」と悟らせてあげるという言い伝えがあると言われています。 人間が亡くなる時には非常に喉が渇くという言い伝えがあることから、「末期の水」を取るのですが、これは脱脂綿で割りばしを濡らして水を含ませ、故人の唇を湿らせるという方法になります。 家族葬の場合にはこういった安置方法を頭に入れた上で、正しい方法で安置してあげましょう。