家族葬

家族葬で覚えておきたい基礎知識

故人を偲んで、家族、親戚、勤務先の方、学生時代の友人、近所の方などが集まるものを葬儀と言いますよね。 ゆかりのある人が多ければ多いほど、葬儀の規模も大きくなることでしょう。 当然ですが、葬儀の規模が大きくなればなるほど、掛かる費用も高くなります。 家族葬というものもあり、葬儀の費用を抑えたい場合や家族だけで葬儀を行いたい場合に利用する方が多いのです。 そこで、家族葬の基本的な知識をいくつかご紹介しましょう。 宗派や宗教の有無を問わないのが家族葬であり、参列するのは家族、親族、そして特に親しくしていた友人などに限られ、参列者は少ないのが一般的です。 改装返礼品、会葬礼状は一般的に必要が無く、貸し式場や自宅、集会所、公民館などで行われることが一般的です。 家族葬を行うのであれば、小さめの式場を選ぶようにしましょう。 香典は必ずと言って良いほど葬儀の時に必要となるものですが、家族葬の場合には原則として受け取らないというのが特徴です。 もちろんそれでも頂いたのであれば、どうしても断らなければならないということはありません。 しかし、家族葬であるということはきちんと伝えましょう。 家族葬の場合には服装を気にする必要もありません。 こういった基礎知識を身に付けた上で、家族葬を行うか否かを決めましょうね。